conceptコンセプト

アトリエ樹の家づくりの考え方

  1. 1. 敷地を読み、周囲の状況を生かす

    同じように見えても一つとして同じ敷地は存在しない。

    敷地は重要な要素。

    周囲の環境・状況から敷地と建物の関係のバランスをとる。

    日本の住まいは北から南へ長いので、その土地に適した住まい方がある。北国に適した住まいを。

  2. 2. それぞれの人生にそれぞれの住まい

    各々に合った住まい方がある。

    100人が同じ住まい方をすることはあり得ない。

    それぞれに、何が重要なのかをみつけて条件(コンセプト)とする。

    一緒にお仕着せではない、オリジナルの住まい方を見つけよう。

  3. 3. 趣のある住まいの提案

    “おもむき”を持った空間で、住む人がこころ豊かであるように。

    魅力的な空間を提案し、味わいある棲家とすること。

  4. 4. 小さな住まいでも、空気の流れと
    温熱環境を整え心地よく

    心地よい光を取り入れ、温熱エネルギーの削減。

    内部は空気が流れるように、そして夏も快適に。